50dBの世界 難聴者が難聴について語る

綴るブログ

記事一覧

聴力はリハビリできるのか その1

使われないと機能が低下する――とあった生理学研究所の発表だが、「機能が低下する」とはどういう事だろうか。例えば私の今の耳の状態だが、聴力検査の結果では両耳共におよそ70~75dB程度でほぼ同等だ。しかし、語音聴力検査では圧倒的に右耳のみ悪い結果が出てしまう。確か20%もなかっただろうか。オーディオグラム上では左右同等であるのに対して聞き取りについてはバラつきがあるこの結果は、一つの手法では把握しきれない聴力の複雑さを物語っている。

聞こえの内容をざっくり分類すると、「音量再現」と「音質再現」とに分類されると思うが、感音性難聴の場合、この「音質再現」の箇所に問題があり、良く聞き取れない。だがこの、デシベルには影響しない「音質再現」はリハビリ可能なのでは、と淡いながらも期待を寄せている。

先日の記事を見て以来、私はある事を行っている。

聞こえの悪い方の耳(私の場合右耳)のみで音楽を聞き、日常会話もこなすことだ。

記事の中では突発性難聴が発症した直後に毎日6時間程度、健康な耳をふさぎ、悪化した耳のみにクラシック音楽を聞かせ続けた――とある。私の場合「発症直後」とは行かず既に1年以上経過してしまったのだが、この生理学研究所のQAを見てみたところ、下記の様なQAがあった。

Q.過去に突発性難聴を発症したことのある人にも効果がありますか?
A.今回の研究の対象者は突発性難聴発症直後の患者さんを対象にしたものですので、以前発症された方に対しての治療方法ではございません。しかしながら、難聴が長期に渡る患者さんの苦痛を少しでも和らげることが出来るように、今後も研究を重ねていきたいと考えておりますので、研究の進展をしばらく見守っていただければ幸いです。

といった様に「研究を重ねていきたい」とあり、発症直後でないと効果が無いとは書かれてない。これは希望が持てるんじゃないかと。

しかもこの手法は誰でも簡単に出来る手法であり、専門の医療機関に通う必要も無いので、やらない手は無い。

そんなわけで、オーティコンのストリーマーもある事だし、悪化した耳のみでしばらく音楽を聞き続け、妻と会話してみる事を始めてみた。

※当記事を読んでマネされる方は自己責任でお願いします。

聴力はリハビリできる!・・・かも

数日前に書いた「突発性難聴が治る可能性について」に記載されているリンク先の記事だが、その記事を発見して以降、ある事に気付いた。

「聴力はリハビリできる」

幼少の頃は両耳共に約50dBの聴力があったのだが右耳のみに補聴器を付けて過ごし、左耳はほとんど使用しないでいた。両耳に補聴器を装着するようになったのは社会人になってからであり、それでも幼少期からのクセで右耳をメインとして使用していた。携帯などの通話は必ず右耳、え?と聞き返す時も右耳。試しに左耳で通話しようとすると、音声がひずんで聞こえ、内容を聞きとる事が難しかった。

ここで疑問がある。

両耳共に聴力に合わせて補聴器を作成しているのに、なぜ右耳は普通に聞こえ、なぜ左耳は良く聞き取れなかったのだろう?右耳は「なれて」いるから?なれているって何?どういう事?

そして、2013年2月、当ブログにはその事は記載しなかったのだが、実は突発性難聴を患い、右耳をほぼ失聴してしまった。いや、その時は失聴したと感じたのだが、慌てて駆けつけた救急外来で計測したら60dBあった右耳が75dB程になっていた。

この時の経緯は後日書くので省くが、その耳は一年たった今も回復して居ない。もし前日記載した記事をもっと早く知っていたらそれなりの対応があっただろうと悔やまれるのだが、そこはさておき、その時の私は右耳の聴力が下がると共に、耳鳴りにも悩まされ、補聴器の調整をしてもらっても音声が聞き取れず大変困惑して居た。
そしてその時から、ほとんど使わなかった左耳をメインにする生活が始まった。

最初の頃はくすぐったく電話も困難であったが、業務上電話する事も多く、やむなく無理に左耳で集中しながら聞くなどして、気付いたら一年が経過していた。

そして前日の記事を読み、ふと気付いた。

左耳で聞くのがあれだけ困難だったのに、いつのまにか普通に聞こえている――

そう、無理に使い続ける事により、左耳が自然と聞こえる様になっていたのだ!!

ガガーンと衝撃が走った。

これって何?「なれ」?だったらなれた方がいいじゃん!

「使わないでいると機能が低下する」と記事にもあった。これは検証してみる価値大ありだと思う。

このリハビリについて、今後も継続してレポートするつもり。

佐村河内氏の記者会見を見て

佐村河内氏の記者会見以降、当ホームページへのアクセス数が増えております。

佐村河内氏のやっていらっしゃった事に対して言及するつもりはありませんが、50dbの世界について「聴覚障害に該当しない」といった箇所だけを抜き取り、それがあたかも健聴者と同等に補聴器を必要としない程度の難聴かのように発表されるマスコミ様に対して非常にがっかりしております。

本来であれば聾を詐称した事が問題点として提起されるべきであるのに「聞こえるのか聞こえないのか」の二極論で聴覚障害を語ろうとし、少しでも聞こえて居る素振りを見せると、「ほら聞こえてる!」と鬼の首を取った様に騒ぎたてて居ます。

佐村河内氏が本当に50dbの聴力ならば、あの様な大勢の前で記者会見を開催された事は本当に素晴らしいことだと思います。相当の勇気が必要だったことでしょう。

確かに手話通訳は必要です。

確かに、時たま聞こえ、内容が理解できる事もあります。音にも反応します。

記者会見中の佐村河内氏の行動は何ら不自然ではありませんでした。

ただ、世間の人々の難聴に対する理解がないだけです。

そしてマスコミ様の、本来の目的を逸脱し佐村河内氏を貶めたいがために障害者とされないレベルの難聴者を「普通に聞こえる」とされたがっている風潮に、本当にがっかりしております。

こんな事件ではありますが、それでも難聴者に対する理解が広まれば幸いです。

突発性難聴が治る可能性について

全聾の作曲家として有名になった佐村河内氏が実は聞こえていた――として世間を騒がせている時、ふと、ネットで「突発性難聴 クラシック」と検索したら、下記の記事がヒットした。

日本経済新聞記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2904H_Z20C14A1CR8000/

生理学研究所
http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2014/01/br.html

突発性難聴となった患者の健康な耳をミミセンで塞ぎ、症状の出た耳の方に1日6時間ほどクラシック音楽を聞かせ続けた結果、完治ではないものの回復の傾向が見られたとの記事だ。

突発性難聴などで片耳が聞こえなくなった場合、聞こえる方の耳ばかりを使ってしまう事から、右耳なら左脳、左耳なら右脳の機能が使われなくなりより悪化を招くといった悪循環に陥る可能性もある事から、聞こえなくなってしまった耳に積極的に音を送り続ける事で脳のリハビリとなるらしい。

新年あけましておめでとうございます。

久しぶりのブログ更新です。昨年、2013年は本当にバタバタと様々なイベント毎が重なり、ブログの更新も疎かになりがちでしたが、こうして新年を迎えほっと一安心しております。思い返せば、私の突発性難聴から始まり、両家の顔合わせ、マイホーム計画に関する打合せ、結婚式、趣味のゴスペル舞台、それに更に多忙を極める仕事量…などなど、イベントずくめでした。特にマイホーム計画と結婚式の準備については多忙を極め、ほぼ毎週末が埋まっていたような気がします。ペンドレッド症候群はストレスに弱いらしいですが、妻のマイルドな対応の御蔭でストレスも雲散しております。

何はともあれ、本年も明るい一年でありますよう、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。今年はペンドレッド症候群について様々な情報を当ブログに掲載出来ればと思っています。

あ、当ブログのテーマとは全然関係ない話ですが、そろそろマイホーム着工です。2013年1月よりマイホームの話が出はじめ、紆余曲折を経てようやく2月頭に着工予定です。

ページ移動

ページトップ