50dBの世界 難聴者が難聴について語る

綴るブログ

記事一覧

騒音下の聞き取りについてレポート

ざわざわした所に行ったので、レポート。

まずはファミリーレストランで夜に二人で食事。といっても男同士で何とも色気のないシチュエーション。平日夜8時頃だったからあまり客も居なく静かだろーと思って行ったらどっこい、女子高生だかの集団がぎゃーぎゃーと大変盛り上がっていた。集団と言っても5人ぐらいなんだけど、静かにしようとか、そういった配慮の欠片もなく全力で喋って笑いあってた。こういった状況は大変苦手である。その集団と3メートルぐらい離れていたが、目の前の人の声が全く聞こえないのだから。…と、それはアナログ補聴器でのお話、デジタルになり、目の前の人の会話がどの程度聞き取れるのかワクワクしていたのだが、これは思った以上に聞き取りやすいかも知れない。オーティコンの補聴器の場合、前方と後方からの聞こえを区別し、前方だけを聞き取りやすくしてくれるらしい。幸いにも、女子高生の集団は後方だった為、比較的同席者の声が聞き取りやすかった。まあ、聞き取れない箇所もあるのだが、アナログと比べたら格段にマシだった。

また、別の機会で最近のお話だが、趣味で在籍しているゴスペルメンバーとの新年会があった。2月に入っているというのに新年会かよってツッコミはさておき、参加人数は総勢20名程、みんなさすがに声量ある方が多いので、和気あいあいと非常に騒がしかった。しかも音環境も最悪の部類に入る場所で、天井が高く広々とした吹き抜けのホールみたいな所。とにかく音が響きまくる。アナログ補聴器を装着していた時は敬遠していたであろうシチュエーション。…と、デジタルに変わったら、これもだいぶ聞き取りがスムーズになった。くじ引きで席順は決まり、一番端っこになったのだが、目の前や隣の人、斜め前の人の声、更には斜め前の奥隣りの人の声まで聞き取れるようになった。これはすごいと、素直に感動出来る。素晴らしいよオーティコン。前のアナログの補聴器だとこういった場ではダンマリを決め込むしかなかったのだが…。

そして、週末の込み合ったイオンショッピングセンター。彼女さんと一緒に買い物に行ったのだが、ここでも良好だった。隣り合って話しているのに、雑音が多く、え?え?みたいな感じだったのが意外とスムーズに話せた。

あと、ざわざわした場所でも比較的自分の声が良く聞こえるようになったのはかなりの高評価。前の補聴器の場合、自分の声が聞こえなくなる為、コントロールが大変難しく全く話を聞いてもらえない場合が多かったのだが、今回はすんなりとコントロールしやすかった。面白いのが、周囲の状況を随時判断し細やかに音質や音量を変えてくれる事。すさまじく大きな騒音に対しては瞬間的に音量が下がる。これは慣れないと耳が変になった感覚で気持ち悪いのだが、慣れれば素晴らしい機能だと思う。

以上、総じて良好な結果が出せたが、常人と比べればまだまだ聞き取れない箇所は多い。所々爆発的な笑い声が他の場所で起きたりすると、そこは聞き取れなくなる。補聴器の成長を待ちたい。

今度、ライブを観に行く予定なので、その時の音響についてもレポします。

補聴器の音質調整をしてもらった

ファイル 12-1.jpg

降りしきる雨の中、仕事あがりにアヅマ補聴器センター太田店へ行ってきた。2月頭より装着開始し2週間が経過したオーティコンの補聴器、色々と見えてきた個所もあるので、一回目の調整をお願いしたのだ。

まずはストリーマーにて音楽を聴く場合の音質の改善をお願いした。アクトプロはプログラム数を4つ持ち、それぞれ環境に応じた音質を登録する事ができ、補聴器本体についているボタンやストリーマーでそのプログラムを変更する事が出来る。補聴器の電源を入れるとまずは自動的にプログラム1になる為、通常はプログラム1に通常時用のプログラムを割り振る。その他はお好みの応じて色々設定。そして、ストリーマーで音楽を聴く際は、そのプログラム1に準じた音質で、音楽が再生されるのだが、なぜかその音はすさまじく低音が響き、高音がほとんど聞こえていなかった。その為、プログラム1の内容を2へ移動し、1は音楽用に変えてもらったのだ。3は周りがうるさい時用に設定。Youtubeの音楽を聞いて納得のいくように調整してもらえた。

その他にも左の音量のみやけに大きく感じたので、左の補聴器のボリュームを少しさげてもらった。左右のバランスがおかしく、正面にある音がやや左寄りに聞こえていたのだ。

そして、起動音の音を消してもらった。オーティコンの補聴器を初めて装着した時は思わず笑ってしまったのだが、電源を入れると突然メロディーが鳴り響く。ちゃらららーん♪と。最初は面白かったが、慣れたらうっとうしいだけなので消してもらった。そして、プログラム変更時や、ボリューム調整時にもクリック音が鳴るのだが、それも少々うるさかったので、全体的に下げてもらった。

以上、閉店時間5分前に掛け込んだのに、嫌な顔ひとつもしないお姉さんに感謝。30分も掛けて対応してくださいました。

これがオーティコンだ!その2

オーティコンの補聴器を買うとこんなのが付いてくるよーのコーナー続編。


ファイル 11-1.jpg
こちらがお掃除グッズ。お掃除は大事です。自分のからだの一部と思って掃除します。今回の補聴器はボリューム調整やら音質の調整やら、器械的な物がほとんどないので汚れにくく助かる。クロスやブラシなどが付属。


ファイル 11-2.jpg
これ電池ね。両耳買ったから一個づつで合計2個ね。たんねーよって思うかもしれないが、お店からいっぱいもらおうね。


ファイル 11-3.jpg
ファイル 11-4.jpg
一番感動したのがこれ。耳垢侵入防止フィルター。前使っていたリオネットのはサービスでは付かず、フィルターを別途購入しなければならなかった。しかもフィルターのみ袋に数個入っている状態で渡されるので、なんていうか交換がしんどかったりした。だが、オーティコンは違うねー。こんな感じにやけにかっこよくアレンジされ、交換がたやすくなっている。これは素晴らしい。


こんな感じです。他のメーカーはどうなんだろう?リオネットはだいぶ改善されたのだろうか?日本のメーカー様、だいぶ出遅れていますよ。

これがオーティコンだ!その1

オーティコンの補聴器を買うとこんなのが付いてくるよーのコーナー。


ファイル 10-1.jpg
まずは化粧箱。ストリーマーとかのデザインと比べると若干やぼったい。


ファイル 10-2.jpg
中身一式はこんな感じ。
補聴器ケース・ドライケース・お掃除グッズ・電池・耳垢侵入防止フィルター・取り扱い説明書など


ファイル 10-3.jpg
まずはこれ、補聴器ケース。こんな感じのケースが付いている。私はこういった類のケースを使う事なく、補聴器は裸のまま放置する。


ファイル 10-4.jpg
これはドライケース。電池は乾燥させたらダメらしく、補聴器のみ中に入れる。フタの上部がマグネット式になっているので、電池はここに載せよう。私はこれも使った事がない。くどいようだが、裸のまま放置する。それで今の所問題無い。ていうか放置でも十分乾く。

コネクトマイクも買った

ファイル 9-1.jpg

ファイル 9-2.jpg

ストリーマーと併せて購入した「コネクトマイク」も試してみた。黒い小型のマイクで、話者の胸元にでも置いてもらえれば話者の声が良く聞こえるというモノ。でも、残念、ちょっとショック。拾った音にほんの少しだけタイムラグがあるのだ。生の音声もそのまま聞こえるので、まるで宇宙人みたいに聞こえる。マイクを通した音声のみ聞く設定も出来るが、口と音声がずれて見える結果になる。また、雑音もかなりひどく、環境音がうるさい。

なぜこのコネクトマイクを買ったかと言うと、このマイクをテレビの所に置いておけば使い勝手がいいですよとの店員のススメ。テレビにも使えるし、その他の事にも使えるしで、これが一番ですよ。うわ、なんて素晴らしいんだ!買う!買う!という事で買ったのだが、テレビについては全くダメダメである。最近のテレビはスピーカーなるものが特定の箇所にあるものではなく、パネル全体が鳴る仕組みになっているのだろうか、良くわからんがテレビのどこにマイクを置いても上手く音を拾ってくれない。

このコネクトマイクについては正直言うと、イマイチ感がはんぱない。

ページ移動

ページトップ